フォトショップCCで『アクション』機能の使用方法【動画あり】

この記事は約2分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は画像編集ソフトのフォトショップCCで『アクション』の使用方法をお伝えしますね。
この『アクション』というのは、最初からソフトに備わっている機能のひとつになります。

その『アクション』機能というのが、画像を作成する上で非常に便利な機能ですので、ここで使用一例をお伝えしようと思います。
私も実際に使用してみて感じたことは、この作業を最初から最後まで自分で作成して完成させるのは、かなりの知識と時間と作業労力を必要とする。。と思いました。

その作業を『アクション』機能を利用することで、ボタン1つ~で簡単に素晴らしい画像が完成してしまうところです。

アクション機能とは

簡単に言うと、アクションとは全自動画像作成機でしょうか。
ボタン一つで、画像カット・色付け・加工など全て一連の作業を行うことができます。

例えば、画像をセピア調にするために、次のような作業を行います。
「スナップショットの作成→レイヤーの作成→表示部分を結合→彩度を下げる→調整レイヤーを作成」
こういった一連の作業をボタン一つで可能にする機能がアクションなのです。

デフォルトで組み込まれている『アクション』だけでも、いくつか高度なアクションが組み込まれています。

フォトショップの『アクション』機能の説明動画

実際に動画で説明して見ましたのでご参考にしていただければと思います。

実際に『アクション』で作成した画像

実際にいくつか『アクション』で作成した画像をご紹介しますね。
フォトショップ1
 水辺に浮かぶ画像
 
フォトショップ3
 わん曲した画像にしたり
 
フォトショップ4
 縫い目柄に編集
 
フォトショップ6
 扇子柄に簡単に編集できます。
 
フォトショップ7
 
こんなキューブ上なものもできちゃいます^^。
 
Web上で『アクション』と検索すると色々と無料アクションを提供しているサイトがありますので、そこからダウンロードしてフォトショップの拡張機能で使用することができます。
 

興味のあるかたは是非使用してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ