大人のおもちゃを使って空撮した動画をつくる方法

この記事は約3分で読めます。

こんにちはFPヒデです。

今回はYoutubeに動画を作成する際に、斬新な動画を撮りたいと思った際に役立つツールをお伝えしますね。

とは言いましても、今回ご紹介するものは金額がピンからキリまであり、5,000円位のものから100万円超の物までありますので、現在余裕が無くても、今後ネットビジネスで余裕が出てきた時にでも、コレ欲しいなと思ったら興味のある方は是非購入してみてはいかがでしょうか。

空撮とは

まず、空撮ですが読んで字の如し、空から撮影することを言います。
空から撮るには、どうやって?飛行機内から?ヘリコプターから撮るのって思った方が多いかと思いますが、
実際は、クワッドコプター(マルチコプター)で撮影することになります。

それでも実際に経験がないとイメージがつき難いかと思いますので、下記のような動画がまさに空撮したものになりますのでご参考ください。


 
すごく綺麗に撮れていると思いませんか?わたしはこのような動画を見て感動して購入した口です^^。
 

クワッドコプターとは

クワッドコプターとは、ローターが4つあるラジコンヘリコプターのことである。 大型機になるとローターが6つ、8つと増えていくが、全部を総称してマルチコプターと呼ぶこともある。 GoProを使って安定した映像が撮れると人気を集めているのは、DJIのPhantom 2だが、機体だけで7万5千円、スタビライザー(ジンバル)とカメラまで合わせるとおよそ15万円ぐらいになる。

今ではたくさんの種類がありますので、プロ用のものでも上記引用文内のように15万円程度で購入可能なものもあります。

そして、このクワッドコプターにカメラを取り付けて(元もと装着済みのものもあります)撮影するというものです。
私は『ファントム2 Vision+ 』というDJIから販売しているクワッドコプターをオススメします。
何故かというと機能が素晴らしく、とにかく綺麗な撮影をしたいならこのクワッドコプター(カメラ付き)が良いです^^。

本来、クワッドコプターにカメラを取り付けて飛ばして撮影するわけですので優れた機体とカメラを用意する必要があるわけです。

「GO Pro Hero」というアクションカメラをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このDJIのクワッドコプターにはその「Go Pro Hero」を装着できる専用の「ジンバル」がオプションであり、装着することが出来ます。

そして「GO Pro Hero」同等又はそれ以上の性能を誇るカメラが最初から備わっており、3Dジンバルもセットになっている商品こそが、『ファントム2 Vision+ 』になります。
 
kuusatu2
 

『ファントム2 Vision+ 』だけでなく『ファントム2』全部に共通しますが、
・飛行時間が約25分あること。以前のファントムは約10分でした。
・自動帰還システムが備わっていること。
・GPSで飛行禁止区域の判別が可能であること。
 
kuusatu1
 

さらに『ファントム2 Vision+ 』には、
・プロポにスマートフォンを備え付けアプリを使用し、地上モニタリングができること。
・自動飛行経路の設定ができる自動飛行システム。
・アプリを使用してカメラの操作ができること。
・真下を撮影できること。
 
kuusatu0
 

PCを使わずに機体に備わっているmicroSDカードから直接WiFiを使用してスマートフォン本体に画像(動画)を取り込むことができます。
 
kuusatu3
 
などなどがあります。

PCにドライバーと専用ソフトをインストールすることで細かいセッティングも出来ます。
 
kuusatu4
 
私は、このマルチコプターを「大人のおもちゃ」として山や海などでとても楽しく愛用していますので、わからないことがありましたら質問してくださいね。

このような感じで空撮した動画をYouTubeにアップすると、またいつもと違った動画で面白いと思います^^。

ちなみにアマゾンで付属品を含めて全て揃います!
amazonでクワッドコプターを見てみる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ