プロダクトローンチとは?

この記事は約3分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は、ネットビジネスを行う上でも重要なマーケティングの中で『プロダクトローンチ』についてお伝え致します。
重要な手法となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

プロダクトローンチとは何か?

まず、『プロダクトローンチ』についてですが、
簡単にいうと、商品を短期間で爆発的に販売することです。

そしてこの手法を生み出した人が、『ジェフ・ウォーカー』というアメリカ人です。
 
purodakuto1
インターネットマーケテイング界ではビッグネームなので、覚えておいてくださいね。

この手法を行うことで、1時間で1000万円以上売り上げた人や、12時間で2億円以上売り上げた人も存在しています。
これには、ただ漠然とした販売では到底行き着く数字ではありません。
きちんとした順序を守って、いくつかのプロセスを経て販売することが必要になります。
 

プロダクトローンチは、いきなり売ることはせずに、時間をかけて関係性を築いた後(教育)に販売する手法です。

反対解釈で言うと、売り込みの要素を前面に出さずに消し去った状態で販売する手法とも言えます。

ただ、ここだけ聞くと難しく思えるかもしれませんが、大丈夫です^^。いままでこの手法を今まで知らなかっただけでしっかりと覚えることでどなたでも出来るようになります。

ここでは、インターネットビジネスにおいてこの手法を行う際の解説をここでわかりやすく説明していきますね。

まず、インターネットで販売する商品には様々ありますが、その中でも情報販売がリスクとリターンを考えるととても効率的であるため、多くの人が情報商材を販売しています。

縦長セールスレターを横に倒す

情報商材というと、縦長のセールスレターが主流で、下記のような例をよく目にしていませんでしたか。

purodakuto
 
縦長のセールスレターを横にしたイメージです。下記の図の様に横に倒して第一話~第二話・・・・⇒商品販売まで。というように分割して、読者を教育していきます。

ここでは教育期間が非常に重要になりますので、最初から『売り込む』ようなことはしません。逆に売り込んでいるような雰囲気(空気)は全て消し去る必要があります。
 
purodakuto3
 

プロダクトローンチにおける流れ

1.集客(プレローンチ)
 まず最初に、たくさんの見込み顧客を集める期間です。これは通常、2週間から1ヶ月でこの期間では、新規の見込み顧客を集めていきます。方法は様々ですが、ネットビジネスにおいては、無料レポートや無料動画を提供しながら、顧客を集客していくことは多いです。

2.教育(リレーシップ)
 集まった見込み顧客と関係性を築く「教育」の期間になります。ここでは、無料動画や無料レポート、メルマガなどで価値ある情報やコンテンツを提供していき、信頼してもらうことが重要になります。そして「この人の教材ならば価値がある」と感じていただけるようにしていきます。  

3.販売(ローンチ)
 販売日を設定して、実際に商品を販売します。いままでの関係性を築くことで商品を欲しいとう方々が集まっているので、一般向けに販売するのとは違い、高い成約率が期待できます。
そしてここで重要なのが、販売する際には『限定性』を謳うことで、特別感という観点からも更なる成約を見込んでいきます。

4.顧客化(ポストローンチ)
 大量に集まった見込み客と更なる関係性を築いていきます。
既に販売した商品を購入してくれた人のアフターケア(フォロー)はもちろんですが、商品情報を購入しなかった見込み客に対しても引き続き公開することや、購入者をしてくれた方の感想や成果報告などの声を伝えていくことなどで、未購入者の購買意欲や興味を再度喚起することをしていき2次販売を試みていきます。

そして今後も継続した販売をするために、次回商品販売に向けて顧客リストに対してコミュニケーションを取っていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ