日本語サイトを英語サイトに変換する方法

この記事は約2分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は、日本語で作成したサイトを簡単に英語サイトに変換する方法をお伝えします。

今後の2020年東京オリンピックに向けて海外の方が日本に訪れるだけでなく、日本のサイトから買い物をするなんて事も増えてくるかと思います。

そうなると、外国の方向けのサイトを作りたいかと思います。

しかし、そこで問題となるのは言葉の壁です。英語がわからなければ、ライティングはもちろんサイト構成などお手上げとなるでしょう。

最近では、googleをはじめとしてサイトの一文やページを翻訳することが簡単にできますが、そのほとんどが翻訳したいページ毎に、その都度翻訳しなければなりません。

それなりに金額をかけて外注をすれば、訪れた海外の方の言語選択できるようなサイトは作れますが、かなり高額になります。

本格的な英語化サイトを作成出来るわけではありませんが、サイト全体を簡単に英語化できるツールがありましたので、興味があれば試してみてください。

日本語サイトを英語サイトに変換する方法

既にご存知かと思いますが、エキサイト翻訳のサイトから翻訳機能を使用していきます。

もしかしたら、初めてこの『エキサイト』を知った方もいるかもしれませんので、念のためお伝えしておきますが、このエキサイトは翻訳のパイオニアと言っていいほど昔から信頼のあるサイトとして有名です。

そしてこの翻訳サイトの下段にある『ウェブページ翻訳』機能を使用していきます。
excite1

この翻訳ツール(エキサイト)ならトップページのリンクさえ作成してしまえば、英語変換したページからリンク先のページも翻訳変換されます。
ただし、文字数の制限がありますので、文字数によっては変換後のページデザインが崩れることがあります。
 

それでは、実際にわたしのサイトの下記ページを翻訳してみます。
excite6
 

『ウェブページ翻訳』の欄に翻訳したいサイトのアドレスを入力します。
 
excite3
 

『翻訳しています』画面になります。
 
excite4
 

すると下記画面のように日本語⇒英語に翻訳されているのがわかるかと思います。
 
そして、その翻訳されたページから入るリンク先も同じように翻訳されたページになっています。
 
excite5
 

もちろん、メインページを翻訳すればリンク先も同様に翻訳されるといっても、あくまでも一時的な翻訳になります。

当然ながらWEBサーバー内のファイル自体を変更していないので、英語化状態をその後も維持できるわけでは無りません。

ですから、英語圏向けのサイトとしての実用性はありませんが、サイト自体を「キャプチャ」して、そのページを英語で説明したい場合など、用途によって活かせる幅も広がる面白さがあると言えます。

『キャプチャ』の説明はこちらです。
無料キャプチャソフト『Rapture』ラプチャー

有料キャプチャソフト『Snagit』スナグイット ⇐かなり実用的で重宝します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ