メールソフト(Outlook2013)設定方法

この記事は約4分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は、メールを閲覧するソフトの設定方法をお伝えします。

ドメインを取得して、その後にメールアドレスを取得しますが、実際にメールアドレスを取得しても、そのメール自体を見ることのできるソフトが必要になります。

無料のメールソフトもいくつかあり、アカウント設定方法は基本的に同様です。代表的なメール閲覧ソフトは下記のようなものです。
ここでは「Out look2013」について説明したいと思います。 

out000 out0001

Outlook2013 メール設定方法

ここでは、すでにメールアドレスの取得済みを前提にお伝えしますので、まだドメイン及びメールアドレスを取得済でなければこちらをご参考にして取得を済ませてからメール設定を行ってください。

もちろん、このメールソフトの設定においては、「G-mail」や「Yahooメール」をこれから説明するメールソフトで見ることも可能ですが、独自メールにて説明させていただきます。

まず、『Out look2013』を起動させます。
out0
 

次に左側にあるメニューバーの「ファイル」をクリックします。

そして『アカウントの追加』をクリックします。
out01
 

『はい(Y)』を選択して『次へ』へ進みます。
out03
 

すると、『自動アカウント セットアップ』の画面に移りますので、そこで必要な項目に入力をします。
out00
 
[電子メールアドレス]:メールアドレスを入力します。
[パスワード]:メールアドレスを取得した際に設定したパスワードを入力します。
※名前の欄は、差し出し人として表示される部分ですのでお好きな名前をしてします。後からも変更は可能です。
 

メールサーバーの設定を探している画面です。
out001
 
設定されたら、『完了』をクリックして設定は完了となります。

自動アカウントセットアップが出来ない場合も考えられますので、その際は手動でセットアップをしてみます。

手動アカウント セットアップ方法

下記の様に手動アカウント設定をしていきます。
out07
 
『次へ』をクリックすると⇒『サービスの選択』画面に移りますので、
『POPまたはIMAP』にチェックをつけて『次へ』をクリックします。
 
out08
 

次の画面で『POPとIMAPのアカウント設定』に入力をします。
out003
この画面の入力項目は、メールを取得した際の情報を参考入力していきます。

名前 通常の差出人として表示される部分です。
電子メールアドレス メールアドレスを入力します。
受信メールサーバー POPサーバー名を入力します。
送信メールサーバー SMTPサーバー名を入力します。
アカウント名 メールアドレスを入力します。
パスワード メールアドレスに設定したパスワードを入力します。

下記画像は『Xサーバー』でドメインを取得した際に、メールアドレスを併せて取得した例です。
out002
 
入力が済んだら次に『詳細設定』をクリックします。
すると、『インターネット電子メール設定』の画面に移りますので『全般』を選択します。
out10
 

続いて『送信サーバー』を選択し、画像の様に『送信サーバーは認証が必要』にチェックを入れます。
また、『受信メールサーバーと同じ設定を使用する』にもチェックを入れます。
out11
 

次に下記のように『詳細設定』を選択し入力します。
out12

受信サーバー(POP3) 規定値の110でOKです。
このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要 チェックを外します。
送信メール(SMTP) 587にします。
使用する暗号化接続の種類 なし のままでOKです。
サーバーのタイムアウト 触れずにOKです。
サーバーにメッセージのコピーを置く チェツクを入れると受信したメールをサーバーに残しておけます。他の端末機器などでもメールソフトを使って見る場合はチェックを入れておきましょう。
サーバーから削除する 任意で設定します。

入力が完了したら『次へ』をクリックします。
 

『アカウントの変更』画面に移ったら再度『次へ』をクリックします。
out13
 

『テストアカウント設定』画面に移り、全てのテストが完了したら『閉じる』をクリックします。
out004
 

最後に『完了』をクリックして全て完了になります。
out15
 
今回はOutlook2013で説明致しましたが、基本的な設定方法は似ていますので、レンタルサーバーによっても説明書されている場合がほとんどです。

まずは、しっかりとメインPCにメールソフトを入れておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ