WordPress マルチサイト(サブディレクトリ)の設定方法

この記事は約6分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回はWordPressでマルチサイト(サブディレクトリ)の設定方法をお伝えします。

まず、『マルチサイト』についてですが、これは1つのサーバー、1つのプログラムで複数のサイト運営ができるようにするシステムです。
WordPressでは、その『マルチサイト』という機能が標準で備わっています。

通常であれば、運営したいサイトごとにドメインを契約して、その都度WordPressなどをインストールしてサイト運営をすると思いますが、それを1つのドメインで複数のサイトを管理できるのでWordPressの使用方法に慣れてきたら、是非興味のある方は行ってみてください。

そして、『マルチサイト』にはいくつか種類がありますので、最初に型式をお伝えしておきますね。

『マルチサイト』の種類

・サブドメイン型
・サブディレクトリ型
・ドメイン複数型

サブドメイン型

例:メインサイト「takezousan.com」(ルートドメインと呼ぶ)に「a1.takezousan.com」や「a2.takezousan.com」などのように、ドメインの前にサブをつけることからサブドメインと言います。 
sub11
 

身近な例で挙げると「Yahoo!」サービズにもサブドメインは使用されていますね。
Yahoo!オークション: http://auction.yahoo.co.jp/
Yahoo!知恵袋: http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
 

サブディレクトリ型

例:メインサイト「takezousan.com」(ルートドメインと呼ぶ)に「takezousan.com/a1/」や「takezousan.com/a2/」などのように、ドメインの下(下層部分)にサブをつけることからサブディレクトリと言います。 
※ディレクトリとはtakezousan.com/ここの部分/を指します。また、よく「フォルダ」とも呼びますがこれはマイクロソフト社がそう呼んでいることからです。
 
sub12
 

ドメイン複数型

サブドメインと一見似ていますが、それぞれのドメインを取得して1つのプログラム(WordPress)内で、管理運用する方法です。
sub13
 

上記の3種類の中で最も取り組みやすい「サブディレクトリ型」をご紹介していきます。

WordPress マルチサイト(サブディレクトリ)の設定方法

最初に、既にWordPressサイトを運用している前提でアップロードしている『wp-config.php』というファイルを一度「FTPソフト」を使用してダウンロードします。
FTPソフトの設定方法はこちら
 
sub14
 

そしてダウンロードした『wp-config.php』ファイルを「ノートパット」やPHPが編集できるソフトで開きます。
sub15
 
そこで
「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」の記載コードよりも上段に下記のコードを追記します。

/** マルチサイト機能 */
define('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

追記しましたら、再度そのファイルをFTPソフトを使ってアップロードします。
 
次にWordPressにログインをし『ダッシュボード』を開きます。
そこの『ツール』にカーソルを合わせると、新たに『ネットワークの設置』追加されて選択出来るようになっていますので、そちらを選択します。
sub1
 

現時点で有効化のプラグインを停止してから設定をするように指示されますのでその通りにしてください。後ほど再度有効化で元に戻せます。

sub0
 
次に『WordPressサイトのネットワークの作成』画面に移りますので、そこで『ネットワークのタイトル』と『管理者のメールアドレス』を確認して問題なければ、『インストール』をクリックします。
sub3
 

続いて、『ネットワークを有効化中』画面になりますので、ここで1.2.のコードが記載されていますので、それぞれ『wp-config.php』と『.htaccess』ファイルをHTPソフトを先ほど同様に使用してダウンロードして、そこに追記します。
sub4
 

『wp-config.php』の追記

『wp-config.php』に追記するコード

define('MULTISITE', true);
define('SUBDOMAIN_INSTALL', false);
define('DOMAIN_CURRENT_SITE', 'a-mics.com');
define('PATH_CURRENT_SITE', '/');
define('SITE_ID_CURRENT_SITE', 1);
define('BLOG_ID_CURRENT_SITE', 1);

 
上記のコードを、下記画像の様に「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。*/ 」という行よりも上にコードを追加し、サーバーへアップロードします。
sub16
 

『.htaccess』の追記

『.htaccess』に追記するコード

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^wp-admin$ wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ - [L]
RewriteRule ^(wp-(content|admin|includes).*) $1 [L]
RewriteRule ^(.*\.php)$ $1 [L]
RewriteRule . index.php [L]
</IfModule>

 

サーバーオリジナルのコードが元々あるので、全てをコピー&ペーストしないように気をつけてください。

コード追記前の『.htaccess』はこちら
sub17
 
コード追記後の『.htaccess』はこちら
sub18
 
それぞれ『wp-config.php』と『.htaccess』ファイル変更が終了したら、HTPソフトを使用してアップロードします。

そして、ログインし直します。
sub4
 
ログインをし直したら、『ダッシュボード』を開きます。
すると下記の様に『参加サイト』という新しい項目ができているはずです。
sub6
 
これで、ひとまずサブディレクトリを作成する為のシステム設定は完了です。

マルチサイト管理で子サイトを追加する

マルチサイト化が済んだら、実際の管理画面からサイト(子サイト)を追加してみましょう。
『ダッシュボード』⇒『サイト』⇒『新規追加』と進みます。
sub19
『サイトのアドレス』名にはお好きなサブディレクトリ名を入力します。
例:takezousan.com/trendy

ほかの赤枠にも入力します。
全て済みましたら、『サイトを追加』をクリックするとサイトがディレクトリに追加されているかと思いますので、『ダッシュボード』を開いて編集が可能となります。
sub20
 
上記でマルチサイトの『サブディレクトリ型』作成方法は終了となります。
1つの管理画面でこなせるという利点があり慣れるととても重宝しますので、興味のある方はトライしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ