Google 日本語入力の設定方法

この記事は約2分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は、ネットビジネスを行っている人は元より、PCを使用している方であれば、是非とも導入したい日本語変換ツール『Google 日本語入力』をお伝えします。

通常、PCにはWindowsの『MS-IME』などの変換ソフトが無料標準で付いているかと思いますが、正直無料レベルですよね。
また、『ATOK』という変換ソフトは、使い勝手も良くとても良いと噂を聞きますが、こちらは有料です。

そのような中で、無料であって有料レベルの変換ツールこそが『Google日本語入力』です。

Google 日本語入力のインストール

Googleの日本語入力をまずはダウンロードします。
Google日本語入力のダウンロード
 
goog
 

続いて「同意してインストール」をクリックします。
goog1
 
下記のような画面が出ればインストールOKです。
goog3
 

PCの右下画面の下記赤枠内のマークをクリックします。
goog5
 
その中にGoogle日本語入力がありますので、選択して完了です。
goog4

Google 日本語入力のここが凄い!

goog2
 

日本語を入力した際の変換機能が凄い!

WindowsのIMEを使用していることに慣れていると特に感じるはずですが、入力して漢字変換はもちろん、地名や芸能人名なども変換リストに載ってくる優れもの。
変換したい語句をかなりの確立でピタリときます。

英語変換も簡単にできるところが凄い!

英語で検索をかけたい為に英語を入力したいけど、スペルが分からない場合もあるかと思います。単語を日本語で入力するだけで英語の変換が出来てしまいます。
goog9

郵便番号を入力するだけで、住所及び番地まで選択肢に出るところが凄い!

郵便番号を打ち込むと 例:103-0013 「東京都中央区日本橋人形町」のように住所変換してくれます。
goog6

計算ができてしまうところが凄い!

数字を入力して変換すると計算ができてしまいます。意外と計算したい場面は多いもので、重宝します。
例:1000+500*200と入力して解答がリストに載っています。
goog7

顔文字変換の種類が凄い!

顔文字の変換に対応していることも凄いのですが、その顔文字の数に驚きました。
画像の通り、745リストありました。
goog8

このようにたくさんの導入メリットがありますので、是非導入して作業効率化を図ってみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ