WordPress(ワードプレス)のインストール方法

この記事は約3分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は、WordPress(ワードプレス)を利用してサイト運営をするためのインストール方法をお伝えします。
WordPressとは何か

WordPress(ワードプレス)のインストールする前に事前準備

『レンタルサーバー』の契約と『FTPクライアントソフト』をダウンロードしておく必要があります。

レンタルサーバーの準備

レンタルサーバーを契約することがまずは第一歩です。また、WordPressに対応していないサーバーも存在しますので、必ずレンタルサーバーのサイトで確認しましょう。

オススメは、『エックスサーバー』です。エックスサーバーですと簡単にWordPressを自動インストールすることが可能です。

以前私はさくらインターネットを使用していましたが、本格的なネットビジネス構築にあたり、より高性能で使いやすいエックスサーバーに切り替えています。
エックスサーバーの使用方法はこちら

また、エックスサーバーはレンタルサーバー契約で『ドメイン』をひとつプレゼントしているキャンペーン開催の時がありますので、チェックしておきましょう。

ドメインの取得

レンタルサーバーと併せてドメインの取得をします。
下記を参考にしてください。
ドメインとは何か
 
ドメインの取得方法
 

FTPクライアントソフトの準備

サーバーへファイルを転送してWEB上で反映させるためのFTPクライアントソフトを容易する必要があります。
こちらは、無料でダウンロード出来ますので、下記記事を参考にしてみてください。
FFFTPソフトのインストールと使用方法はこちら
 

WordPressのダウンロード

先ほどもお伝えしていますが、レンタルサーバーを『エックスサーバー』で契約しておけば、そこからWordPress自動インストールが出来るので、そちらをメインでご説明いたします。

一応、下記のようにエックスサーバーからの自動インストール以外の方法も載せておきますので参考にして頂ければと思います。

手動でWordPressのインストール

まず『WordPress.org』(ワードプレス・ドット・オーグ)という日本語サイトからWordPressをダウンロードします。
 
WordPress1
 
ダウンロードしたZIPファイルを解凍して、ファイル全てをFTPソフトへアップロードします。
WordPress2
 
続きは、こちらのサイトを拝借していますので参考にしてください。
初心者でも簡単にできる!WordPressをインストールする方法

エックスサーバーのサイトからWordPressを自動インストール

まずは、サーバーパネルを開き対象ドメインを選択して、『設定する』をクリックします。
WordPre0
 

対象ドメインを選択したら、次に『自動インストール』をクリックします。
WordPre1
 

そして、『プログラムのインストール』シートを選択し、『WordPress日本語版』の『インストール設定』をクリックします。
WordPre2
 
WordPre3
 

次の画面で、「インストールURL」「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力します。
※データベースは「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れます。
WordPre4
 

次の画面で『インストール(確定)』をクリックして完了となります。
WordPre5
 

以上でインストールが完了していますので、
WordPressを開き、ログイン画面から『ログイン』することで使用可能となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ