よく使用するタグを投稿画面上部に表示する方法 AddQuicktag

この記事は約2分で読めます。

こんにちはFPヒデです。今回はWordPressで記事投稿する際に、よく使用するタグ一覧を予め設置させて作業効率化を図る『タグボタン』の設置方法についてお伝えしますね。

通常ですと(<h3>、<h4>)などと直接打ち込みますが、予め用意されていますのでボタンひとつで簡単に利用できるため、作業効率UPにつながります。

とても簡単な方法ですので是非導入してみてください。

それでは早速その方法をご説明致します。
まず「AddQuicktag」というプラグインを導入致します。

まず「プラグイン」⇒「新規追加」⇒プラグインの検索窓に「AddQuicktag」を記入してプラグインの検索をします。
プラグインのインストール ‹ — WordPress

次に⇒「インストール」します。

プラグインのインストール2-‹-—-WordPress

インストール完了後に⇒「プラグインの有効化」を行います。

addquicktag

以上で「AddQuicktag」のインストールは完了です。

続いてタグの登録をしましょう。
※初回はタグ登録が必要ですが、1度登録してしまえば後は使うだけですし、
インポート/エクスポート機能を使うことで使い回しが可能です。

タグ登録方法

『設定』⇒「AddQuicktag」を選択します。
ここでよく使用するタグを登録していきます。
一般設定 ‹ — WordPress

タグ登録画面が開くので、以下の項目をそれぞれ入力してみましょう。

AddQuicktag11-‹-—-WordPress
 

ボタン名(必須) タグを呼び出すときのボタン名
ラベル名 登録タグのカテゴライズなどに利用するラベル(ボタン名と同じでOK)
開始タグ(必須) 利用箇所の最初につけるタグ(<span class=”red”>など)
終了タグ(s) 利用箇所の最後につけるタグ(</span>など)
アクセスキー 複数のユーザーで投稿している場合、ボタンを利用できる人を限定させる
順番 タグ登録画面(この画面)での表示順序
ビジュアルエディター ビジュアルエディターで使用する場合はチェック
post 投稿画面で使用する場合はチェック
page 固定ページで使用する場合はチェック
comment コメント編集画面で使用する場合はチェック
edit-comments コメント返信画面で使用する場合はチェック
全てのチェックボックスに一括でチェック

 

入力が終わりましたら、『変更を保存』をクリックします。
AddQuicktag 設定1 ‹ — WordPress

これで使用できますので作業効率をアップしちゃいましょう。

次回はAddQuicktagで登録したタグの使用方法と便利な使用方法について説明しますね。
使用方法と便利な使用法についてはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ