関連記事を自動表示させる方法『Similar Posts』

この記事は約4分で読めます。

こんにちはFPヒデです。今回はワードプレスで作成しているサイトの下段の方に『関連記事はこちら』とか『この記事を見ている人はこちらも見ています』などを見かけたことが多いかと思いますが、実際にその方法を説明いたしますね。
こちらも簡単ですから、是非導入してみてください。

それでは早速いきましょう。

関連表示させるために『similar posts』というプラグイン導入をするのですが、まず最初に『post-plugin library』を導入してから行う必要があります。『similar posts』だけでは機能せず、必ず一緒に使用する必要があります。

必ず先にpost-plugin libraryをインストールして有効化してからsimilar postsを有効化してください。

先に『similar posts』を有効化すると正常に関連記事が表示されない場合があるようです。

Similar Postsのインストールと有効化

 

Post-Plugin Libraryを有効化にしたあと、『Similar Posts』をインストールします。

『Similar Posts』をプラグイン「新規追加」→「検索」よりインストールします。
「新規追加」⇒「検索」

プラグインsimi 

プラグインsimi2

『Similar Posts』を有効化しましたら、続いて詳細設定をしていきます。
「設定」⇒「Similar Posts」を選びます。
2014-07-08 11-41-50 

◇General Settings
2014-07-08 10-40-37
 

Number of posts to show ⇒ 関連記事の表示数を指定します。
 
Show static pages? ⇒表示するページを指定します。
下記を参考にしてください。

Number of posts to show

関連記事の表示数を指定する。

Show static pages?

表示するページを指定する。

No pages, just posts 投稿記事のみ表示
Both pages and posts 固定ページ/投稿記事の両方とも表示
Pages but no posts 固定ページのみ表示
Omit the current post? 関連記事に表示されているページを含めるか? 通常はNoに設定
Mach the current post’s category? カテゴリ内から関連記事を呼び出す設定 通常はNoに設定
Mach the current post’s tags? タグ内から関連記事を呼び出す設定 通常はNoに設定

 
◇Output Settings
 

2014-07-08 10-48-24
 

❏Output template: どのような形式で関連記事を表示させるかを指定します。
 
❏Default display if no matches: 関連記事の見つからないときの表示を指定します。
 
デフォルトだと「None Found」なので画像では「関連記事はありません」に変更してみました。自由に変更が可能です。
 

◇Placement Settings 関連記事を具体的にどこにどのように表示させるかどうかを設定します。
 
Similar Posts Options ‹ 朝ドラ出演!ももクロを脱退した早見あかりの足あと — WordPress
 
❏Output after post: 記事の最下部に関連記事を自動で表示させる設定。
           (個別で記事等に表示場所を設定する場合はNoを選択します。)
 
❏Parameters 関連記事表示の見出しの言語を指定します。
(デフォルトだと「Similar Posts:」なので「関連記事はこちら」等に変更してみることをおすすめします。自由に変更が可能です。)
 

◇Other Settings
 
関連記事のキーワード比率を調整します。
 
22
 
❏Relative importance of: 関連記事選択のキーワード比率を100%で分配設定します。
 

◇Manage Index
 
23
 

上記設定時に「No」のままだと日本語がうまく抽出されず関連記事に反映されませんので忘れずに行ってください

 
以上で基本設定は終了です!お疲れ様でした。^^
 実際にサイトへ反映されることが遅い場合があります。その場合は一日経ってから再度確認してみてください。尚、それでもサイトで関連記事表示がされない場合は設定をやり直す必要がありますので、再度行って見て下さいね。

関連記事を表示させる場所を指定する

『Similar Posts』は関連記事を表示させる場所を指定することができるので用途に応じて設定してみましょう。その方法をお伝えしますね。
 

『外観』⇒『テーマの編集』⇒設置したい部分にはめ込んでいきます。
 
❑トップページに反映させたい場合⇒index.php
❑固定ページに反映させたい場合⇒page.php
❑記事ページに反映させたい場合⇒single.php
 
下記HTMLタグを設置したい部分に埋め込みます。

<h3>Similar Posts:</h3>
<?php similar_posts(); ?>

 
今回わたしは記事ページに埋め込むことにしてみました。
2014-07-08 11-17-35

 
設定したサイトの関連記事部分はこんな感じになります。
 
NHK連ドラ「マッサン」に出演してももクロと再開!?   朝ドラ出演!ももクロを脱退した早見あかりの足あと
 
いかがだったでしょうか。少し時間のかかる設定でしたでしょうか?わたしも色々確認しながら確実に行うように心がけました。時間がかかっても頑張ってカスタマイズしてみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ