サイトマップ(閲覧者向け)の設定方法 『PS Auto Site map』

この記事は約2分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は『サイトマップ 』の設定方法をお伝えしていきますね。
 
まず最初に私自身も最初迷いましたが、サイトマップと一言でいっても大きく分けて2つあることをまず覚えてください。
 

  • グーグルへサイトの存在を認知させて報告するための『サイトマップ』
  • サイトを訪問した方に対して記事の場所等を指し示してあげるための『サイトマップ』

 
ここでは、サイトを訪問した方に対して記事の場所等を指し示してあげるための『サイトマップ』の設定方法をお伝えします。

実際にサイトを作成していく上で、どこにどのような記事があるかどうかも、記事がたくさん増えてくると特に閲覧者の方が探しにくい場合が多々あります。

サイトマップを作成することでサイト内の記事へすぐ跳べるため、非常に便利な機能の1つですので設定してみてくださいね。

『PS Auto Site map』の設定方法

まず、管理画面⇒『プラグイン』⇒『新規追加』から『PS Auto Site map』をインストールし、「有効化」まで行ってください。
 
sitemap1
そしてダッシュボード管理画面に戻り『設定』⇒『PS Auto Site map』をクリックします。
 

下の方にある「ご利用方法」の枠内にある、<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>をコピーします。
 
ko-do

 
続いて、管理画面の『固定ページ』⇒『新規追加』をします。名称を「サイトマップ」等と記入し、本文欄に先ほどコピーしたコードを貼り付けます。
 

『ビジュアルモード』ではなく『テキストモード』に貼り付けます。

 
パーマリンクは『sitemap』や『sitemaps』でよいかと思います。
 
PS
 

続いて「公開ボタン」を押します。そうすると上部のURL表示部分に下記のように数字が現れます。
 
2014-07-11-23-10-36
 
この数字を覚えておいてくださいね。
そして、ダッシュボード管理画面⇒『設定』⇒『PS Auto Site map』設定画面に戻り、『サイトマップを表示する記事』という表示部がありますので、その右側の空欄に先ほど覚えておいた『数字』を記入します。
 466
 
以上の設定でサイト内のサイトマップが作られているはずです。
 

実際にサイトで確認し方の例はこちらです。↓↓↓
 
sitemap0
 

実際に表示された「サイトマップ」はこのようになっているかと思います。↓↓↓
 sitemap000

2 Responses to “サイトマップ(閲覧者向け)の設定方法 『PS Auto Site map』”

  1. このプラグイン便利ですよね。

    数あるプラグインの中でもベスト10には入ると思います。

    応援しておきました。ポチッ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ