サイトマップ『Google XML Sitemaps 』の設定方法

この記事は約2分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
 

サイトマップは大きく分けて2つの意味が下記の様にあります。
 
私は最初さっぱりわかりませんでした^^。

  • グーグルへサイトの存在を認知させて報告するための『サイトマップ』
  • サイトを訪問した方に対して記事の場所等を指し示してあげるための『サイトマップ』

 
ここでは、グーグルへサイトの存在を認知させて報告するための『サイトマップ』の設定方法をお伝えします。
 

『Google XML Sitemaps 』の設定方法

ワードプレス用プラグインにも種類はたくさんありますが、オススメなのが『Google XML Sitemaps 』です。サイトマップを自動的に作成し更新してくれる優れものを取得していきましょう。
 

まず、『プラグイン』⇒『新規追加』⇒『Google XML Sitemaps』をインストールして「有効化」します。
 
googlesite1
 

次に『設定』⇒『Google XML Sitemaps』を選びます。
 
そして下記のような画面で『こちらをクリック』をクリックします。
 色々と書いてありますが、行う作業は今のクリックだけで自動的にサイトマップが生成されています。
 
googlesite3
 
以上で、ワードプレス側の『Google XML Sitemaps』の設定は終了です。続いてグーグルの「ウェブマスターツール」に作成したサイトマップを登録する必要がありますので、その方法をお伝え致します。
 

グーグルウェブマスターツールに作成したサイトマップを登録する

まず、「ウェブマスターツール」のページに行き「ログイン」します。
次に登録サイトを選択してサイトURLをクリックします。
 googlesite5
 

そうすると、ダッシュボード画面(サイトの原状を確認できる画面)に移りますので、そこで『サイトマップ』をクリックします。
 
googlesite6
 

続いて、『サイトマップの追加/テスト』をクリックします。
 
googlesite7
 

次にサイトマップのファイル名を入力をします。ここでは「sitemap.xml」と入力します。これは殆どこのように記述すればOKです。入力が完了しましたら『サイトマップを送信』をクリックします。
 
googlesite8
 
そのあとは、送信後の画面で『ページを更新する』をクリックします。
 
「サイトマップ」画面となりますので下記の様になればOKです。
 googlesite9

 

以上で設定は完了です。今回は長々となりましたが、作業自体は簡単なので、是非トライしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ