WordPressで『目次』を作成する方法 『Table of Contents Plus』

この記事は約3分で読めます。

こんにちはFPヒデです。
今回は、Wordpressで目次を作成する方法『Table of Contents Plus』をおつたえしますね。
 
サイトを作成する上で、長文に及ぶ場合などは上部に『目次』を作成しておくだけで、サイト訪問者に対しても親切ですよね。また、見た目も良くなる場合が多いですね。

サイトによっては『目次』作成が不要な場合もありますが、とても便利なものなので必要に応じて試してみてくださいね。

それでは早速やってみます。
 

『Table of Contents Plus』をインストール

プラグインのインストールをする

mokuzi
 
『管理画面』⇒『プラグイン』⇒『新規追加』⇒『Table of Contents Plus』と入力します。
 
mokuzi1
 
『いますぐインストール』をクリックします。
 
次に『プラグインの有効化』をしましょう。
 
mokuzi2
 

『Table of Contents Plus』の設定

 
『ダッシュボード』⇒『設定』⇒『TOC+』をクリックします。
設定画面に移りますので実際に設定をしていきます。
 

『Table of Contents Plus』の基本設定

それでは、『Table of Contents Plus』の基本設定をしていきます。
英文字で難しく感じるかもしれませんが、和訳に沿って行えば全然簡単ですので安心して設定してみましょう。
 
mokuzi4
 
上記設定において良くわかない方もいらっしゃるかと思います。その際は、デフォルトの設定のままで試してみてください。
 

『Table of Contents Plus』の「Advanced」設定

ここでは、さらに詳細設定をする画面です。
 
先ほどの設定画面の下部左に「Advanced」(show)と書かれているところをクリックします。すると下記のような画面が下にスライドして現れます。
 
mokuzi5
 
設定しおわりましたら『Update Options』をクリックして設定を保存します。
このようになります。
 
mokuzi9
 

ここまでで、設定の仕方がいまいちよくわからない場合でも大丈夫です。ここでは最低限の設定をしておきましょう。
 

最低限の設定をする

「Heading levels」の設定

この「Heading levels」を最低限設定しておきましょう。これは実際に目次に載せる見出しレベルの設定をするのですが、ここで「h1」~「h6」のチェックを入れた箇所が目次として反映されるようになります。
逆にチェックを外した場合は目次リストから除外されることになり、目次に載りません。
ここだけは忘れずに設定しておきましょう。
 

『Table of Contents Plus』を使用する際の注意点

見出しタグ自体を使用していない場合は使用できません。

見出しタグ「h1」~「h6」を階層順に記述していない場合は、目次自体が見にくくごちゃごちゃになってしまいます。

 
以上を注意して、チャレンジしてみてくださいね。実際にプラグイン『Table of Contents Plus』目次設定することで、見出しの変更忘れやアンカーリンクのミス、記事の構成ミスなども気づくことができるので、是非活用してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ